[1980] FALESTAR PIGNOLETO 2018 MARIA BORTOLOTTI / ファレスタ・ピニョレット 2018 マリア・ボルトロッティ

2,500円(税抜)

ファレスタ・ピニョレット 2018

  国:Italy (イタリア)
 地域:Emilia-Romagna (エミリア=ロマーニャ)
 品種:Pignoleto (ピニョレット)
タイプ: White (白) 、Frizzante (フリザンテ)
 土壌:粘土質土壌
 栽培:ビオディナミ
 SO2:40mg/L
 度数:12%

インポータコメント
旨み炸裂の大人のジンジャーエール。
ボトルに詰め込まれたぶどうの旨みこそが味わいの本質だと教えてくれる。
輝きのあるレモンイエロー。
青リンゴ、白桃の蜜の凝縮した旨みがふっくらとしている。
酸を保つため 8 月中旬には収穫。
瓶内二次発酵由来の酵母の香りが 一層オトナ感を演出します。


■生産者
MARIA BORTOLOTTI (マリア・ボルトロッティ)
本拠地:イタリア・エミリア=ロマーニャ
造り手:フラヴィオ・ボルトロッティ


マリア・ボルトロッティがあるのは
イタリア エミリア・ロマーニャ州の中でも東端のコッリ・ボロネージ。
ぶどう畑があるゾーラ・プレドーザの丘陵地帯はその付近で最もぶどう造りに適した土地として1000年前の文献にも名前が記載されています。
コッリ・ボロネージは80000haほどの広大な産地ですが、本当に自然な造りをしているのは10蔵ほど。

当主のフラヴィオ・ボルトロッティは1965年生まれの53歳。
将来を見据えたフラヴィオが中心となり、1992年からオーガニック栽培を開始、間もなくビオディナミコも開始。

畑を囲む木々やいきものたち。
畑のそばに住み、土地への愛情いっぱいの農業をおこなっています。

「天然酵母パン」を作るように、畑のいろいろな葡萄に付く酵母をタネ(スターター)に発酵。
本人曰く
「コーラスを目指しているんだよ。いろんな声がまざって心に響くワインにしたいんだ」
「複雑な味のワインをシンプルに造る」
「ワインはその土地そのものの味」

カテゴリーから探す