[1880] Campagne De Gaure Chardonnay 2018 Chateau de Gaure / カンパーニュ・ド・ゴール・シャルドネ 2018 シャトー・ド・ゴール

2,400円(税抜)

カンパーニュ・ド・ゴール・シャルドネ 2018

  国:France (フランス)
 地域:Languedoc (ラングドック)
 品種:Chardonnay (シャルドネ)
タイプ:White (白)
 土壌:シスト、粘土石灰
 栽培:ビオロジック
 認証:エコセール
 SO2:20mg/L
 度数:14%

インポータコメント
大人気となったカンパーニュシリーズ、シャルドネ95%にマカブー 5%を除梗せずに直接圧搾し、木樽へ移した後、パトナージュを行いながら10週間発酵、そのまま8 ヶ月熟成しました。
輝くイエローゴールドの外観から、レモンやオレンジの柑橘系のアロマを感じます。
ボリューム感のあるアタック、バナナテイストの甘味が感じられ、バランスの良いアフターへと流れます。


■生産者
Chateau de Gaure (シャトー・ド・ゴール)
本拠地:フランス・ラングドック

南仏リムーに位置しているシャトー・ド・ゴール。
このオーナーPierre Fabreは南仏ニーム生まれ。
エンジニアとして優秀な技術者で、プラスチック工場長として20年以上勤務しましたが、リタイア先の家を2004年に南仏に購入。
何でも200haある大きい敷地に13世紀の古いお城があり、ここはペンションも経営しています。
その中には25haの畑が付いてきており、それならばワインを造ろうと決心。

もともと彼は南仏で5世代続けたブドウ栽培家の生まれ。
そこでは醸造せずに、ブドウはすべて協同組合へ。
醸造家の道を選ばなかった彼はこの家の購入をきっかけに「ワイン造りをしよう!するなら自然でかつ最高品質のワインを造ろう!」と、決心します。
そして2004年から化学製品を全く使わない畑に栽培に大改造、2005年から醸造を始めました。
彼はベルギーに住んでいるので、若い醸造家Marc Bertrand(1977年生)を2005年にスタッフに迎えました。
マークは元々ブルゴーニュ・ディジョンの醸造学校で学び、それからアルザスやオーストラリアなどの産地でワイン造りを勉強していました。
彼もたどり着いたのは無農薬。
その時にピエールが出会い、この25haの大きな畑をビオへ大改革の計画に着手しました。

カテゴリーから探す