プリティ・ボーイ 2020

  国:Australia (オーストラリア)
 地域:South Australia (サウスオーストラリア)
 品種:Nero d'Avola (ネロ・ダーヴォラ)
タイプ:Pink (ロゼ)
 栽培:オーガニック
 SO2:ボトリング時に少量の添加
 度数:11.5%

インポータコメント
Bassham Vineyardから。
収穫後ブドウは除梗され、 約6時間スキンコンタクト、ステンレスタンクへプレス。
野生酵母によって醗酵、残糖が2.8g/Lに達したところで温度を下げ、少量の酸化防止剤を添加しごく軽いフィルタリング(清澄剤は不使用)をしてボトリング。
平年よりも暖かかった2020年は特に良い出来となり、爽やかなテクスチャーを備えつつも芳醇でクリーミーなストロベリーを想わせるロゼワイン。

2020 年は不規則でタフなシーズンから最終的には近年の中でも素晴らしい品質のブドウを収穫することができた年。
春には 雹や霜、さらに急な気温上昇があり、早く訪れた夏は低い収量を示唆。
しかし2・3月に入ると涼しい夜が続きブドウは完璧と言える成熟期を迎えました。
結果として出来上がった 2020 年の ワインは活き活きと明るい、アロマティックで酸のしっかりした味わいでデリンクエンテの魅力とも合致した見事な出来に。



■生産者
Delinquente Wine (デリンクエンテ)
本拠地:オーストラリア・リヴァーランド
作り手:グレッグ・グリゴリオ

自ら”Delinquente = はみ出し者”を名乗るオーナーワインメーカー、Con-Greg Grigoriou / グレッグ・グリゴ リオによって 2013 年設立されたデリンクエンテ。
彼が作るワインのコンセプトは明快です。
「リヴァーランドの気候に適応する南イタリアの地ブドウ」を用い、「らるべく人の手を介さない、ナチュラルな作り」で、「Moderm & Easy Drinking」かつ「コストパフォーマンスに優れたワイン」を造ること。 ちなみに斬新なラベルデザインは彼の友人でもあるデザイナーによるもので、それぞれに挑戦的なメッセージが込められています。

カテゴリーから探す