購入数

チリエジョッツォ 2019

  国:Italy (イタリア)
 地域:Umbria (ウンブリア)
 品種:Chiliegiolo (チリエジョーロ)
タイプ:Frizzante (フリッツァンテ)、Pink (ロゼ)
 SO2:無添加
 度数:12%

インポータコメント
2018年10月最終週に手積みで収穫。
スチールタンクで2日間マセレーション後、ファイバーグラスタンクで6ヶ月間熟成後、同じワインの果醪を加えて瓶内発酵。

爽やかなドライ微発泡。
ラズベリー、タイムのニュアンス。



■生産者
I Vini di Giovanni (イ・ヴィニ・ディ・ジョヴァンニ)
本拠地:イタリア・ウンブリア
作り手:ジョヴァンニ・メシーナ

イタリア・サルデーニャ地方の荒涼としたバルバギア生まれたジョヴァンニ・メシーナは、1960年代の終わりに家族と共にウンブリア州に移住しました。

ウンブリア州ペルージャの北の標高300-400mのピアネッロの丘陵地に農場があり、現在は145ヘクタールの土地に800頭の乳羊たちとオリーブの木、そしてぶどうを育てています。
ぶどう畑は2ヘクタール(粘土質石灰石)で、1ヘクタールには白ぶどうのヴェルメンティーノ、トレッビアーノ、もう1ヘクタールには黒ぶどうのサンジョヴェーゼや ヴェルナッチャ、チリエジョーロのイタリア中部とサルデーニャ島の両方に自生するぶどうを育てています。

ワイン造りは2015年から開始。
土着酵母で発酵させ、化学薬品や亜硫酸塩を一切使用せず、ステンレスタンクで自然熟成するシンプルなスタイルでワイン造りを行っています。
懐かしみのある素朴なワインです。
ワインラベルは農場の牧草から造られています。
ウンブリアとサルデーニャのエッセンスをバランスよく表現した5種類の ”羊飼いのワイン” をリリースしています。
現在の年間生産本数は15,000本。

カテゴリーから探す