[2475] Rose vom Opok 2018 Maria & Sepp Muster / ロゼ・フォム・オーポク 2018 マリア・ウント・セップ・ムスター

3,300円(税抜)

ロゼ・フォム・オーポク 2018

  国:Austria (オーストリア)
 地域:Steiermark (シュタイアーマルク)
 品種:Blaufrankisch (ブラウフレンキッシュ)
    Blauer Wildbacher (ブラウアー・ヴィルドバッハー)
    Zweigelt (ツヴァイゲルト)
タイプ:Pink (ロゼ)
 土壌:粘土シルト
 栽培:バイオダイナミック
 SO2:無添加
 度数:10.5%

インポータコメント
植樹されたのは1983年と、温暖化がはじまる以前、この地域で赤ワインが珍しかった頃のこと。
近年の温暖化で、赤ワインの質はどこも向上しているが、この地の冷涼さが繊細で複雑な個性に寄与している。
果実の完熟が難しかった2014年に実験的に造られてから、毎年醸造されるようになった。


■生産者
Maria & Sepp Muster (マリア・ウント・セップ・ムスター)
本拠地:オーストリア・シュタイアーマルク

醸造所は急斜面のブドウ畑と森に囲まれた丘の上にある。
斜面の下に向かって並ぶ、栗材の支柱の間の約1.8mの高さに渡された、一本の針金からブドウの枝葉がわさわさと垂れ下がる独特の仕立て方で、年間降水量約1000mmを超えるこの地方に向いた伝統的な栽培手法だと、オーナーのセップ・ムスターは言う。
彼の両親が約300年前からそこにあった、約10haのブドウ畑と建物を購入したのは1978年のこと。
クロスター・ノイブルクの醸造学校を卒業した1990年から実家で働き始めたムスターは、1994年に自動車事故で生死の境をさまよう体験をして人生観が変わった。
生きることの意味を考えるようになり、1998年に休暇で妻とともに訪れたインドで、ニュージーランド出身のビオディナミのコンサルタント、ペーター・プロクターのセミナーに参加して感銘をうけ、2003年にデメターに加盟した。
そして醸造も2003年産から樽熟成期間を20〜24ヵ月に伸ばし、ワインが自然に調和に至るまで見守るようになった。
亜硫酸無添加で発酵・熟成の微生物的プロセスを完了するために、健全で生命力に富んだブドウを収穫することが何よりも大切なのだという。
圧搾後の清澄も瓶詰め前のフィルターがけもおこなわない。
果汁から何かを取り去ることは、ワインの調和を乱すからだ。
亜硫酸は添加しないことが多い。
栽培品種はソーヴィニヨン・ブラン、シャルドネ、ブラウフレンキッシュ。
土壌は主にオポーク。
美味しいかどうかよりも、飲んだ人の昔の記憶が蘇えるようなワインを目指しているという。

カテゴリーから探す