購入数

トリオ 2019

  国:France(フランス)
 地域:Alsace (アルザス)
 品種:Pinot Gris (ピノグリ) 40%
    Sylvaner (シルヴァネール) 30%
    Riesling (リースリング) 30%
タイプ:Orange (オレンジ)
 土壌:粘土、泥土、石灰。
 栽培:ビオディナミ
 認証:ユーロリーフ
 SO2:無添加
 度数:13.5%

インポータコメント
ドメーヌグロスの醸しワインをもっと多くの人にカジュアルに楽しんでもらうためのキュベ。
2019年はMCのニュアンスがあり、フルーティーさが増した。
シャルキュトリーやフロマージュなどをつまみながら、ガブガブのめるワイン。
焼き鳥などの日本食との相性も良い。

手摘みにて収穫。
30%全房、同時日に収穫し、20日間醸す。
プヌマティックプレスにて5時間。
フードル樽とステンレスタンクにて9ヶ月熟成。
澱引きは瓶詰前まで行わない。
マセラシオン有り。
フィルター無し。

3品種のアッサンブラージュのため、トリオと名付けた。



■生産者
Domaine Gross (ドメーヌ・グロス )
本拠地:フランス・アルザス

当主であるVincentの曾祖父であるHanry Grossが1950年に1.5haの畑を購入。
当時は栽培した葡萄を販売し生計を立てていたが、1965年から祖父のLouis Grossがワインを 造りはじめる。
1980年にVincentの父であるRémy Grossが現在のワイナリーをDomaine Gross設立、畑は2.5haまで増える。
南仏やアルザスのクライデンヴァイスでの研修を終えたVincent Grossが2006年より醸造、栽培に加わり直ぐさまビオディナミ農法を取り入れる。
2010年にVincentが当主に就任。
現在は畑は10haまでに増え、祖父、父、母、 Vincent(現在37歳)の三世代でワインを造り続けている。
畑の多くは粘土、泥土、石灰。アルザストップのミュスカが生産されるGC Goldertを所有している。
品種本来の香りを 引き出しテロワールを最大限に表現すること重要視している。
エチケットはVincentの息子のLouis君と娘のCharleneが描いた。
毎年エチケットのデザインが変わる。

カテゴリーから探す