[2850] Coume de l'Olla Rouge 2017 Matassa / クーム・ド・ロヤ ルージュ 2017 マタッサ

3,800円(税抜)

クーム・ド・ロヤ ルージュ 2017

  国:France (フランス)
 地域:Roussillon (ルーション)
 品種:Grenache Noir (グルナッシュ・ノワール) 70%
    Grinache Gris (グルナッシュ・グリ) 20%
    Macabeu (マカブー) 10%
タイプ:Red (赤)
 土壌:花崗岩土壌
 SO2:瓶詰め時に極微量
 度数:12%

インポータコメント
全てをアンフォラ混醸したTom Lubbe【トム ルッブ】流のカジュアルコンセプト。
60日の発酵後8ヶ月のアンフォラ熟成。
なのにすえた感覚が無く、非常にフレッシュです。硬質なミネラリティはCalce【カルス】の土壌が齎す宝物です。
実に美味。

「危うさ」に関して一切の心配が無く安心してボトル達の行方を追えるワイン達。

■生産者
Matassa (マタッサ)
本拠地:フランス・ルーション

Matassa【マタッサ】とはカタルーニャ語で「森」を意味する古語。
ピレネーの偉大なる自然に周囲を覆われたルーションのカルスに誕生した野心的プロジェクトがその発端となっています。
ワインメーカーであるTom Lubbe【トム ルッブ】は南アフリカ育ちのニュージーランド人。
ワイン作りへの情熱に目覚めた彼が人生で劇的な出会いを果たした場所こそがカルス。
若き日のトムが3ヶ月の見習いとして職を得たのは当時代表銘柄「ムンタダ」で世界的スターワイナリーへと躍進していたドメーヌ ゴービィ。
当主ジェラール・ゴービィの寵愛を受けたトムはその後3年に渡りビンテージに参加する事なるのですが、 最終的には醸造責任者のポジシヨンに昇りつめます。
更には人生最大のトロフィと言える、ジェラールの娘ナタリーと恋に落ち結婚する事になったのです。
名実共にルーション最高のスーパースターワインメーカーとなったトムですが、大きな後ろ盾に頼る事無くゼロからの挑戦を決意します。
それこそがマタッサ。

2001年にプロジェクトがスタートした当初偉大なる知識と影響力を以てプロジエクトの根幹を成していたサム・ハロップ(史上最年少のマスターオブワイン)はワイナリーを去りましたが、トムとナタリーが夫婦二人三脚で創造するワインの姿はよりストイツクでありつジェネラスで鮮明な輪郭を持つようになっています。
カタルー二ヤの至宝マタッサが見ぜる進化の可能性は限界とは縁遠いものなのです。

カテゴリーから探す