[3600] BESAVIA 2018 ORIOL ARTIGAS / ベサヴィア 2018 オリオル・アルティガス

4,800円(税抜)

在庫状況 1本 売切れ間近!

購入数

ベサヴィア 2018

  国:Spain (スペイン)
 地域:Cataluna (カタルーニャ)
 品種:12種類の混植
タイプ:Red (赤)
 栽培:ビオロジック
 SO2:無添加
 度数:12%

インポータコメント
ベサヴィアは「ひいおばあちゃん」という意味。
オリオルは醸造所と畑の一部を友人ペップさんから借りている。
そのペップさんの家族はとても古くレアな地着葡萄の畑を持っており、2016年からペップさんとオリオル二人で栽培し始め、オリオルがワインを造るプロジェクトを組むことに。
そのプロジェクト名はラベルに書いてあるデルゾ・バルディソッツ。
直訳だとドゲトゲの「棘の木」だがカタラン語では愛嬌のある言い方で「イタズラ者達」という意味でもある。
二人の地域への愛情と子供の頃の遊び心が今でも継続してることを表している。
その畑の一つが今は珍しい古いオリーヴの木と葡萄の木を混植している元ペップさんのひいおばあちゃんの畑なのだ。
こうしてキュヴェ・ベサヴィアが生まれた。

土の香りと豊かさを感じられる、ミネラルで軽やかなワイン。
スパイスや完熟した果実の香りも感じられ、キノコのリゾットに合うワイン。


■生産者
ORIOL ARTIGAS (オリオル・アルティガス)
本拠地:スペイン・カタルーニャ

ジュール・ショーヴェ先生(自然栽培・醸造を世に出したマルセル・ラピエール、フィリップ・パカレなど巨人の師匠)のような学者を目指し大学で有機化学を専攻していたオリオルの運命は、ペネデスの畑で収穫を手伝ったことで大きく変わった。
ラボでより、畑で働きたくなったのだ。
2003年、22歳の時カタルーニャの様々な蔵元で活躍、並行してワイン醸造の教師としてのキャリアを積んで行く。

満を持して2011年、地元アレイヤ地区(バルセロナから北に15km、地中海と山に囲まれた場所で、スペインで一番小さなアペラシオン)周辺に畑を獲得、ファースト・ヴィンテージを手掛ける。

彼のワインは優しいミネラル感、美しい酸、深い旨み、柑橘のフレッシュさ、染み入る塩味があり一度口にすると忘れることのできない非常にオリジナルな存在。

さらに、2016年ヴィンテージから全て、サン・スフルで醸造することに成功した。


【オリオルの5つの畑】
オリオルのセラーは森と山に囲まれた場所にポツンとある。
このセラーと畑の多くはオリオルの親友のペップが先祖から代々受け継いだもの。
オリオル自身とペップから借りている畑の両方世話しながら土着品種、テロワールに括目したワインを手掛けている。

【ヴィ―ニャ・デ・イェベッチ】
海側の畑。標高250m〜350mのパンサ・ブランカの段々畑。1.2ha。樹齢33年。
風化した白い花崗岩。周りは全て森に囲まれていて海とバルセロナを見渡せる素晴らしい畑。
ラ・ルンベーラの一部のパンサ・ブランカが収穫できる。

【ラ・プラッツ】
海側の畑。樹齢104年の小さな畑。パンサ・ブランカが半分、その他はベイエ、スモイ、グルナッシュ3色、サン・ジャウメ、パンサ・ロザーダ、スビラ・パレントなど30種類が混栽培。
土壌は風化した花崗岩。

【ペサ・デン・ベンク】
海側の畑。アレイヤ村に一番近い畑。
樹齢75歳のパンサ3色。
土壌は風化した白い花崗岩に表面に石灰と化石。
標高が低いので、昔ここは海の底だったらしい。
赤ワインのエル・モンストラができる。

【ヴィニア・デル・コステ】
山側の畑。
標高200メートル。
北西向き。
樹齢76年のパンサ・ブランカ。
白い花崗岩で女性的な白ワイン、ラ・ベーヤができる。

【ヴィニア・デル・ムンド】
山側の畑。
標高250メートル。
西向き。
樹齢78年のパンサ・ブランカ。
ヴィニア・デル・コステのすぐ隣の畑だがここは花崗岩のもっと固い岩・片麻岩になる。
男性的な白、ラ・ベスティアができる。

カテゴリーから探す