[3300] Els Bassots 2015 Escoda Sanahuja / エルス・バソッツ 2015 エスコーダ・サナフヤ

4,400円(税抜)

購入数

エルス・バソッツ 2015

  国:Spain (スペイン)
 地域:Tarragona (タラゴナ)
 品種:Chenin Blanc (シュナン・ブラン)
タイプ:Orange (オレンジ)
 栽培:ビオディナミ
 SO2:無添加
 度数:13%

インポータコメント
1997年のワイナリー創設時に植えられたChenin Blanc100%。
カタルーニャ語で「狐」を表す名前を冠した単一畑から生まれるJoan Ramon Escoda【ジョアン ラモン エスコーダ】が現在のスタイルに辿り着いた原点とも言えるワインです。
スペイン産のChenin Blancは余り馴染みが無い方も多いと思いますが、この地にはDijonから移り住んで来た修道院があり、彼らが持ち込んだロワールクローンのChenin BlancとPinot Noirが散見されています。
彼がこの畑を作った事はピュズラとの関係の発端となった訳で、親友となって以降は栽培や醸造、多岐に渡るアドバイスを受けながらEscoda流のスタイルを確立して来ました。
手収穫したフルーツは全てハンドソート(選果)と手除梗、プレスしたジュースを一晩冷蔵室で放置し、10日間のスキンコンタクトをしながらステンレスタンクで発酵しています。
バスケットプレスの後にアンフォラへ移動、半年のアンフォラ熟成の後にボトリングされています。
カリンや金柑のニュアンスと円みを帯びて来た酸、そしてリンゴのコンフィチュール的な蜜のアロマが美しいです。
夏は多少の辛味やスパイスを食事に求めがちですが、エスニシティのある皿にも上手くマッチしてくれるでしょうね。
深みがあって素晴らしい状態になっています。


■生産者
Escoda Sanahuja (エスコーダ・サナフヤ)
本拠地:スペイン・タラゴナ
造り手:ホアンラモン・エスコーダ

ホアンラモン・エスコーダが妻カルメン・サナフヤと共にワイナリーを設立したのは1997年。
遺産相続や家督争いが発端となり一族が挟を分かつきっかけになってしまった事は悲しい事でしたが、ホアンラモンはこれを機に全ての畑でビオディナミによる共生環境を整えます。
2003年の事でした。ホアンラモンは少しばかりカタルーニャの訛りが入りつつも器用に英語も話す国際人。
長く伸びたロマンスグレイの髪の毛が印象的ですが、底抜けに明るいキャラクターはまるで太陽。
コンカデバルベラという国際的スポットライトから外れたエリアにも関わらず、プリミティブなワイン造りに於けるスペインのリーダーとして称賛と敬意を受けて来ました。
彼こそがまごう事無き先駆者であり、その功績と存在価値は現地でも図抜けています。

カテゴリーから探す