[2625] Orange 2020 La Grange de L'oncle Charles / オレンジ 2020 ラ・グランジュ・デ・ロンクル・シャルル

3,500円(税込3,850円)

購入数

オレンジ 2019

  国:France(フランス)
 地域:Alsace (アルザス)
 品種:Gewurztraminer (ゲヴルツトラミネール)
タイプ:Orange (オレンジ)
 栽培:ビオディナミ
 認証:ユーロリーフ
 度数:13.5%

インポータコメント
マーク・ウンブレッシュ氏によりビオディナミで管理された葡萄を使用。
全房でのマセラシオンにより茎からのタンニンを抽出。
それによりサンスフルでも酸化から守られ、ゲヴェルツトラミネール由来のアロマと茎由来のスパイス感が調和した味わい。
手摘み収穫。
30日間の醸し、期間中ルモンタージュとピジャージュ1回ずつのみ。
全房8時間プヌマティックプレス。
フィルターなし。


■生産者
La Grange de L'oncle Charles (ラ・グランジュ・デ・ロンクル・シャルル)
本拠地:フランス・アルザス
造り手:ルードヴィック・ロレール

当主のジェローム(26歳)は、高校卒業と同時に大工の道へ進むものの、ワイン愛好家であった祖父の影響を強く受け、ワイン造りを志すように。
アルザスのCFPPA(Centre de Formation Professionnelles et de Promotion Agricole:農業の訓練センター)で、ワインの栽培・醸造過程を経て資格取得後、2014年に自信が生まれ育った家にワイナリーを立ち上げます。
彼の大叔父が残した納屋を自分でカーヴへリフォームし、0.5haしかなかった畑は現在6haまでに。
2017年にCFPPAの同級生だったヤン・ビュリーが共同経営者に。

自然と地元をこよなく愛し、土地の個性が強く出るワイン造りを目標に、ビオディナミ栽培を選択。
馬などの動物や自然の力を借りて、ほとんどの時間を畑作業に費やす日々。
「テロワールは品種を量がする」という言葉を強く信じ、作り出すワインには品種をエチケットに記載せず、アッサンブラージュにより土地ごと、区画ごとに醸造。従来のアルザスワインとは異なるアプローチでワインをリリースしている。

カテゴリーから探す