[3300] Slate Farm Fiano 2017 Unico Zelo / スレイト・ファーム・フィアーノ 2017 ウニコ・ゼロ

4,400円(税抜)

在庫状況 3本 売切れ間近!

購入数

スレイトファーム・フィアーノ 2017

  国:Australia (オーストラリア)
 地域:South Australia (サウスオーストラリア)
 品種:Fiano (フィアーノ)
タイプ:White (白)
 栽培:オーガニック
 度数:14%

インポータコメント
Truffle Houndと同じくClare Valley産。
この畑は本当に特別は畑で、同地最大のヒーローであるGrosset【グロセット】が試験的に植えた畑を、昔アシスタントとして働いていたよしみで複数年契約で借り受けています。
テロワールとでも言うべきか、ライムの味わいが顕著で同時にアルザス的スパイシーさも兼ね備えています。夏に欲しくなるスパイシーな料理との相性は抜群です。


■生産者
Unico Zelo (ウニコ・ゼロ)
本拠地:オーストラリア・サウスオーストラリア
作り手:ブレンダン・カーター

ウニコゼロは南オーストラリア州アデレードヒルズのガメラチャに誕生したマイクロワイナリー。
ブレンダン・カーターとその妻ローラ2人が丹精込めて作るクラフト(ワインだけでなくスピリッツやリモンチェッロ、Tシャツまで!)を看板として瞬く間にオーストラリア中のプロフェッショネルを虜にしてしまいました。
人為的アクセスを極力避ける事は当然なのですが、フィアノやネッビオーロ、バルベラやドルチェットと言ったイタリア由来のオルタナティブ品種にフォーカスを当てている事が特徴です。
シャンパーニュでワイン醸造を学んだブレンダン。
クレアヴァレーでブドウ栽培学を学んでいたローラは会って間もなく意気投合。忽ち恋に落ちました。
情熱と愛情をシェアする中で、お互いの作品を生み出すプロジェクトは自然の流れであり、運命であったわけです。
お気に入りのブドウ品種はフィアノと公言して憚らないブレンダン。
更に特定の添加物は悪とも言い切ってしまう彼の姿勢は、常軌を逸した人種やアイディアの芽を摘み取る傾向が強いオーストラリアのオーセンティシティが渦巻くワイン産業に於いて、ルーシーマルゴー達伝統品種を作る人間たち以上に異質と捉えられることもあるようです。
イタリア語で「ユニークな情熱」との意味を関する新たな鋭意が誕生しました。

カテゴリーから探す