[2250] Edelzwicker 1L 2016 Domaine Armand Hurst / エデルツヴィッカー 1L 2016 ドメーヌ・アルマン・ウルスト

3,000円(税抜)

在庫状況 3本 売切れ間近!

購入数

エデルツヴィッカー 1L 2016

  国:France(フランス)
 地域:Alsace (アルザス)
 品種:Riesling (リースリング)
    Pinot Blanc (ピノ・ブラン)
    Muscat (ミュスカ)
    Gewurztraminer (ゲヴュルツトラミネール)
タイプ:White (白)
 栽培:バイオダイナミック
 度数:12.5%
その他: 1,000ml

エーデルツヴィッカー (Edelzwicker) とは
A.O.C.アルザスで認められているラベル表記で、ぶどう品種をアサンブラージュ(混醸)したときに付記することができます。
元々は、ブレンドを意味する「ツヴィッカー」だけで呼ばれていましたが、後に大量消費型のワインのぶどう品種との差別化を行うため、一定の高品質な品種を使用しているという意味で「高貴な」を意味する「エーデル(Edel)」が付記され「エーデルツヴィッカー(Edelzwicker)」となりました。


■生産者
Domaine Armand Hurst (ドメーヌ・アルマン・ウルスト)
本拠地:フランス・アルザス
造り手:

ドメーヌ・アルマン・ウルストは、歴史と文化遺産の街トリュックハイム村に位置します。
ウルストファミリーのぶどう栽培の歴史は、17世紀にまで遡り、所有していた畑でグランクリュを取得し、ドメーヌとして本格的に瓶詰めを始めたのは1926年のこと。
この地の最良のワインを作るために、初代当主ジャン・バティストは1989年に彼の息子オーギュスト ウルストに引継ぎました。
その後、2.6ヘクタールあったグランクリュの畑を守り、2代目、オーギュストの息子であるアルマンに1989年、3代目としてワイナリーを後継しました。
アルマンは従来のワインづくりからより自然に寄り添う為、1991年 自然農業を父と共に新たなワイン造りを開始。
初めは無理なくリュット・レゾネを導入し、環境保全型農業、カヴァークロップなど駆使し、除草剤、化学肥料などを一切排除して、天然酵母での自然発酵が可能になり、更に有機及びバイオダイナミックスを導入し、グラン・クリュのBRANDに位置する7ヘクタールを含む12.5ヘクタールのブドウ畑全体を自然栽培の変換に成功させる事が出来ました。
現在も自然を尊重し手間を惜しまず、ワイナリーでの仕事は全て人間の手によって行われています。

カテゴリーから探す