[2950] Coco D'Aunis 2018 Domine Maisons Brulees / ココ・ドニス 2018 ドメーヌ・メゾン・ブリュレ

3,800円(税抜)

在庫状況 3本 売切れ間近!

購入数

ココ・ドニス 2018

  国:France (フランス)
 地域:Loire (ロワール)
 品種:Pineau d'Aunis (ピノ・ドニス)
タイプ:Red (赤)
 栽培:ビオディナミ
 度数:13.5%

インポータコメント
一緒にドメーヌをきりもりする奥さんのコリーヌに敬意を表して新たに造り上げたキュヴェがこのココドニス。
本来は新しく植樹したピノドニスを使用して醸造する予定だったが、初ヴィンテージはエルドローに使用す るピノドニスが豊作だったため、それを使用して造り上げた。
全房でコンクリートタンクにて18日間のマセ ラシオンカルボニック。
その後ステンレスタンクにて10か月間熟成させ瓶詰した赤ワイン。
ドニス由来のスパイシーさがありながら、赤い果実の爽やかさと、旨味がじんわりと優しく広がる、コリーヌように懐深いキュヴェ。


■生産者
Domine Maisons Brulees (ドメーヌ・メゾン・ブリュレ)
本拠地:フランス・ロワール

2013年9月。
ロワールの偉大なビオディナミスト、ミシェル・オジェの引退はこのドメーヌの新たな門出となりました。
そしてこのドメーヌ・メゾン・ブリュレを新たに引き継いだのはアルザス出身のポール・ジレという男。
彼は元々アルザスでカヴィストとして働いていました。
また2011年まではアルゼンチンでレストランの経営者を行っていましたが、ヴィニュロンになる夢を捨てきれず、フランスに戻り醸造学校に通いながらアルザスのブルノ・シュレールの元で働きました。
その後トゥーレーヌを訪れた際にその土地に魅了され、ミシェルと出会い彼の元で数年間の経験を積むこととなります。
その時の真摯な姿がミシェルに自身のドメーヌを継承させることを決意させます。
ミシェルから受け継いだメゾン・ブリュレの伝統は守りながら、新しいスタイルを加え進化させ、ラベルも魅力的なものに変更しています。
ミシェルが醸造していたエネルギーに満ち溢れたあの液体に、優しさを付け加えたような素晴らしい味わいのワインが生まれました。

カテゴリーから探す