[1950] R19 2019 Les Vins Contes / エール ディズヌフ19 2019 レ・ヴァン・コンテ

2,600円(税抜)

在庫状況 3本 売切れ間近!

購入数

エール ディズヌフ19 2019

  国:France (フランス)
 地域:Loire (ロワール)
 品種:Cabernet Franc (カベルネ・フラン) 60%
    Grolleau (グロロー) 40%
タイプ:Red (赤)
 土壌:粘土、シレックス
 栽培:ビオロジック
 SO2:無添加
 度数:13%

インポータコメント
「19年の赤」の意でレヴァンコンテを代表するキュヴェ、2品種をガスを注入したグラスファイバータンクにミルフィーユ状に重ねマセラシオンカルボニック、グラスファイバータンクで発酵後、木樽で熟成しSO2無添加で瓶詰めしました。

明るいパープルガーネットの外観からフランボワーズやプルーンの香り、柔らかい口あたりに心地
の良いタンニン、ブルーベリーの酸と渋みがアフターに流れます。



■生産者
Les Vins Contes (レ・ヴァン・コンテ)
本拠地:フランス・ロワール

ネゴシアンのイメージを変えたレ・ヴァン・コンテ。
2002年からワイン作りを始め、少しずつ少しずつ味が向上してきました。
そのスピードはちょっとのんびりだったかもしれません。
しかしどのヴィンテージもコストパフォーマンスの良さはピカ一です。
彼は1995〜 1998年までParisのギイ・サボワという一世を風靡したレストランでソムリエをしておりました。
ソムリエ時代多くの素晴らしいワインと出会い、自然派ワインにショックを受け、1998〜 2001年までBeaujolaisの大御所マルセル・ラピエールの所でワイン造りを学びます。
そして2001〜 2002年、最後の1年間だけParisに戻りCave a Parisという酒屋さんで自然派ワインばかりのセレクションのお店をたった1人で任せられ、そして遂に2002年より独立。
物腰柔らかい、とても紳士的なハンサムボーイ、ワイン醸造家というよりソムリエさんのイメージでしたが、今ではその面影は過去のもの。
オリヴィエはすっかり醸造家として二回りも三回りもたくましくなりました。

カテゴリーから探す