[1950] Mer & Coquillages 2018 Domaine Julien Meyer / メール・エ・コキヤージュ 2018 ドメーヌ・ジュリアン・メイエー

2,600円(税抜)

メール・エ・コキヤージュ 2018

  国:France(フランス)
 地域:Alsace (アルザス)
 品種:Silvaner (シルヴァネール) 85%
    Riesling (リースリング) 15%
タイプ:White (白)
 土壌:砂利、泥灰土
 栽培:ビオディナミ
 認証:エコセール、デメテール
 SO2:無添加
 度数:12%

インポータコメント
「海と貝」と名付けられたキュヴェ、海が隆起してできた砂利・泥灰土で育つ樹齢30~50年のブドウを使用し、ステンレスタンクで発酵、 10ヶ月シュールリー熟成しました。

輝きのあるレモンイエローの外観から、レモングラスやハーブの香り、ややスモーキーなニュアンスで瑞々しい甘味のアタックに、ふっくらとした酸味と苦味のテイスト、 中程度のアフターが滑らかに流れる印象です。


■生産者
Domaine Julien Meyer (ドメーヌ・ジュリアン・メイエー)
本拠地:フランス・アルザス
造り手:ジュリアン・メイエー

ジュリアン・メイエーはビオディナミ実践者の間では有名にも関わらず、雑誌などの媒体が嫌いで、一切マスコミに出ていない醸造家。
勿論、Classementにも出ていません。レベルからすると当然出てもおかしくないほど偉大な醸造家なのですが、 サンプルを送ってないから出ないのは当然。
宣伝する必要の無い造り主は、サンプルを送る必要はないのです。

そんな彼は、学者肌の素晴らしいインテリ醸造家。
ビオディナミの実践者で理論ばかり先行しがちに見える最近、彼の実践の伴った理論には驚かされます。
勿論、彼の造ったワインは素晴らしいの一言です。
1705年から存在する歴史ある造り主で、もともとほとんどBIOの農法でした。
彼の代、1990年から完全無農薬(BIO)に切り替え、1999年から 100%ビオディナミ農法に。
一見優等生に見える彼も、学生の頃は勉強しない悪い生徒だったけど、沢山のワインを飲んでいくうちに自分の中のワイン造りに目覚めたといいます。

彼の素晴らしい名言の中の1つ「土を醸造家が借りている」と言っていました。
大きな自然界の中で、今、この瞬間借りさせて頂いている、 だからいいかげんな仕事をしてはいけないのだそうです。

カテゴリーから探す