[3600] G.C.Frankstein 2019 Mathilde & Florian BECK-HARTWEG / グランクリュ・フランクシュタイン 2019 フロリアン&マチルダ

4,500円(税込4,950円)

在庫状況 6本 売切れ間近!

購入数

グランクリュ・フランクシュタイン 2019

  国:France(フランス)
 地域:Alsace (アルザス)
 品種:Riesling (リースリング) 35%
    ピノグリ 35%
    ピノノワール 15%
    ゲヴェルツ 15%
タイプ:White (白)
 土壌:花崗岩土壌
 栽培:自然農法
 認証:AB
 SO2:無添加
 度数:13%

インポータコメント
初リリースのグランクリュのブドウだけで造られたキュヴェ。
白コショウ、滋味深いミネラルの余韻、厚みはありそうですが、果実味はまだまだ半開きといった感じです。
もう少し寝かせても。


■生産者
マチルダ&フロリアン・ハートウェグ (マチルダ&フロリアン・ハートウェグ)
本拠地:フランス・アルザス

1992 年よりビオに転換し始め、2008 年に認証を取得。
若き当主フロリアンさんは 14 代目。若き伴侶マチルダとともにいろいろな自然農法を勉強し、インドのヴァンダナ・シバを訪問したり、日本の自然農の農家に住み込みで研修したりと非常に熱心な自然主義者である。
年間生産量は 7ha から約 25,000 本。
基本的に施肥をせず、新梢を切らない栽培方法で、土地のポテンシャルだけで自然なブドウを作る手法。
銅や硫黄は極少量使用。
土壌はアルザスではそれほど多くないグラニット(花崗岩)土壌でそのミネラル感を大切にしている。
雑草は刈らずに押し倒し、成長を止めるが、根は死んでいないので、保水力があり、夏の暑さから守る役にする。
雨が降るとまた起きてくる。
やがて枯れ、土に戻ってゆくが、他から何もいれず、ビオディベルシテを壊さずに、ここの風土だけで個性を出していきたいと語ってくれた。
土地のバランスを大切にし、グランクリュなどの丘の斜面の痩せた土地からは収量は少ないが取
れる分だけ、平地の豊かな土地からはある程度の収量をあえて取る。
そこを無理に収量を落とすと、バランスがよくないブドウになってしまうという。
収穫後すぐプレスし、ステンレスタンクで一晩デブルバージュ、その後 100 年以上使用している大樽に入れて発酵を進める。
天然酵母のみで発酵が自然に終わるのを待つので、遅い年は夏までかかるときもある。
亜硫酸は甘口以外は SO2 無添加。
土壌の同じものは合わせ土壌のキャラクターを出してゆきたいと語ってくれた。

カテゴリーから探す