[4720] METODO CLASSICO PinoNero 2018 gigi Ravarini / メトード クラッシコ ピノネロ 2018 ジジ・ラヴァリーニ

5,900円(税込6,490円)

在庫状況 3本 売切れ間近!

購入数

メトード クラッシコ ピノネロ 2018

  国:Italy (イタリア)
 地域:Lombardia (ロンバルディア)
 品種:Pinot Nero (ピノ・ネロ)
タイプ:White (白)、Sparkling (スパークリング)
 栽培:ビオロジック
 土壌:粘土石灰質
 SO2:無添加
 度数:12.5%

インポータコメント
gigiの個性派スパークリングワイン 。
高台にある希少な地域、モンティチェリ1区画のブドウのみ使用する1ヴィンテージ、1葡萄品種から成るワイン。

ややフルーティで酸味があり、ミディアムボディ。
温度が上がるとより黒ブドウの濃密さ、黒果実の甘味がしっかりと感じられる。
個性的。
長期熟成向き。


■生産者
gigi Ravarini (ジジ・ラヴァリーニ)
本拠地:イタリア・ロンバルディア

現当主ジャンルイージ・ラヴァリーニ(通称ジジ)の父ボルトロが1971年に設立した家族経営の農園。
設立時1.5haであった自然栽培の畑(2015年以降オーガニック認証)は、現在合計6ヘクタール。
うち4haがブドウとオリーブ畑。
森林の間に2つの畑があり、ブドウ畑を守っています。
畑の土壌は下層に栄養分に富んだ灰白色層状石灰岩、表面は暗褐色の粘土と鉄の堆積物で覆われている。
モレーン(堆石)、沖積地を起源とするミネラル、粘土、石灰岩や小川、風に富んだモンティチェリの小さなエリアは、フランチャコルタの他のエリアと大きく異なると彼は考えます。
これらの違いをうまく表現するために ステンレスタンクとコンクリートタンクだけで作る手法を選びました。
年間約7,000本製造するフランチャコルタは、ドサージュ無しで醸造。1つのヴィンテージ(最低熟成期間30ヶ月から40ヶ月以上)と、特定の畑に植えられた単一品種で造られます。
収量は50-70q/ha。
2002年、彼はピノネロの苗を植えるつもりが、幸運にもミスによって、おそらくフランチャコルタで最初のピノムニエの苗を植えました。
当初求めたこととは違ったものの、彼はフランチャコルタと認められないこのピノムニエを植え替えることはしませんでした。
なぜならこのブドウに惚れ込み、彼の土地で質の高いピノムニエができると確信し、この最高の表現を求めてピノムニエのワインをフラッグシップとしました。
しかし、土地由来のブドウ品種を試したいという気持ちも。
スプマンテ”A”は、彼のすべての畑とブドウ品種を組み合わせ、「いかなる添加物」も加えず、瓶詰時に部分的に発酵させた同じブドウのモストを加えるのみです。
愛情たっぷりのスティル赤ワインもあります。
職人としてのフランチャコルタの現実は、市場のルールを恐れず、自由にその土地とブドウ樹を試し、ワイン造りへの情熱と地元の農業文化を伝えようとするもの。

カテゴリーから探す