[2100] Le Blanc de la Mariee 2017 Dom. de la Garreliere / ル・ブラン ド・ラ・マリエ 2017 ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール

2,800円(税抜)

ル・ブラン ド・ラ・マリエ 2017

  国:France (フランス)
 地域:Loire (ロワール)
 品種:Sauvignon Blanc (ソーヴィニヨン・ブラン)
タイプ:White (白)
 土壌:砂が多い水はけの優れた土壌に火打石が混ざる地質
 栽培:ビオディナミ
 認証:EUオーガニック認証
 SO2:びん詰め時に4g/hl添加

インポータコメント
豊かでリッチな香りと、香りそのままの芳醇な味わい。
果実味豊かでフローラルな香りが加わり心地よい余韻が楽しめる。
非常にバランスの良いワイン。


■生産者
Dom. de la Garreliere (ドメーヌ・ド・ラ・ギャルリエール)
本拠地:フランス・ロワール

ドメーヌは南トゥーレーヌ、ポワトー駅のあるリシュリュー村から8キロほど、南向きの丘の上に位置しています。
小さな小川を伴う風光明媚なヴァレ・デュ・ヴーデの谷に20ヘクタールの畑を所有。
アペラシオン的にはトゥーレーヌに分類されますが、地質、土壌的にはそれ以上のものがあります。
粘土石灰質土壌、シレックス土壌、風化した砂地の土壌の畑。
この粘土と石灰の個性あるモザイク状の土壌がギャルリエールの大きな特徴です。
ギャルリエールの名前の語源は古代フランス語の小石、大地、空を意味するgal-galle-garreから来ています。

1987年から経営にあたる息子のフランソワ氏は、「ぶどう栽培は結果が現れるのに時間がかかるが、『ワイン造り』の基本」と説明します。
ギャルリエールの当主フランソワと彼の妻パスカルは、卓越したセンスと直感を大事に葡萄と向き合っています。
『僕の鼻、こいつが一番の先生なんだ。』フランソワはおどけて言います。
葡萄の文化やエルバージュなど、型にとらわれた考えではなく探究心で突き進んでいくうちに、“自然な”方法論にたどり着きました。
ステレオタイプで技術的な味わいのワインにとらわれないドメーヌを目指して、彼は情熱と愛情を仕事の全てに注ぎ込んでいます。

カテゴリーから探す