[4900] STARING AT THE SUN 2018 MOMENTO MORI WINES / ステアリング・アット・ザ・サン 2018 モメント・モリ・ワインズ

6,000円(税抜)

ステアリング・アット・ザ・サン (太陽をみつめて) 2018

ご購入条件
お一人一本でお願い致します。
Take one each.



  国:Australia (オーストラリア)
 地域:Victoria (ヴィクトリア)
 品種:Vermentino (ヴェルメンティーノ)
    Fiano (フィアーノ)
    Moscato Giallo (モスカート・ジャッロ)
    Malvasia (マルヴァジア)
タイプ:Orange (オレンジ)
 土壌:火山性土壌
 栽培:オーガニック
 SO2:無添加
 度数:11.5%

インポータコメント
2018年 新ステアリング・アット・ザ・サンの登場。
さて、今年もこの季節がやってきました。
フラッグシップワインともいえる(もっといい呼び方があればいいのですが)このキュヴェのリリースは、世界中にいるこのワインの熱狂的なファンだけでなく、私たちにとっても一年のうちで最も待ち遠しいものです。

Staring at the Sun はモメント・モリ名義で最初に発表したワインですが、2018年は、わたしたちがワインを造り始めたときに目標としていた味わいそのものです。
わたしたちは、たとえそれがどんなにコストがかかる非効率的な手法であったとしても、ワインの出来を向上させるための努力は怠りません。
もっとも大切なのは仕込みの規模です。
わたしたちのキュヴェがすべて小仕込みなのは、現代的な醸造技術や醸造用添加物を使用することなく、手作業でワインを造ることができるからです。

このキュヴェに使用する品種は毎年、フィアーノ、ヴェルメンティーノ、マルヴァジーア、そしてモスカート・ジャッロとほぼ不変ですが、配合比率はヴィンテージごとに変化します。
もちろん、すべてヴィクトリア州ヒースコートにあるマウント・キャメルの山麓で、チャルマース一族によって有機栽培されたブドウです。
ブドウは品種ごとにステンレスタンクで醸し発酵させますが、醸し期間は品種ごとに異なります。
プレス後のワインはそれぞれのタンクに戻し、シュール・リー状態で冬を越してから春にラッキングしてブレンド、そしてボトリングします。

このキュヴェのスタイルについてはみなさんすでによくご存知と思いますので、テイスティングコメントは控えます。
2018年ヴィンテージのキャラクターは、ちょうど2016年と2017年の中間くらいです。
アルコール度数は11.5%。
洗練されていてピュアでクリーン。
偉大なテンションとエネルギーを持ちながらも、持ち前のキャラクターと美点はいささかも失われていません。

過去4年にわたり、このキュヴェがボトルの中でよりエレガントに成長し、また堅固な骨格を備えていくのを興味深く見守っていました。
それを踏まえ、このヴィンテージからは高級なナチュラルコルクを使うことにしました。
これまでのヴィンテージより、格段に長く熟成させることができます。


■生産者
MOMENTO MORI WINES (モメント・モリ・ワインズ)
本拠地:オーストラリア・ヴィクトリア
作り手:デイン・ジョーンズ

Daneはもともとニュージーランドの南島のウエストコースト出身です。
大自然の中で育った彼にとって自然に造られないワインは違和感でしかなかったそう。
大柄でたくましい髭、キャップにド派手なシャツ、という出で立ちはまさにギャングスターといった感じではあるものの、非常にまじめな性格や澄んだ瞳はワイン共々Momento Mori Winesの魅力の一つとなっています。
2004にオーストラリアに移住し、コーヒー業界でバリスタとしてWild Open RoadやProudMaryなMelbourneのなかでもトップクラスと言われるカフェで活躍していましたが、2009年もともとワインに興味を持っていた彼はVictoria州のHarcourtValleyにあるワイナリーで働き始めます。
その後フランスで研修し、その間、彼はJean Francois GanevatとPierreOvernoyを訪れ、彼らのワイン造りの哲学や情熱をシェアし共感することができました。
その経験は今の彼のワインメイキングの核となっています。
また彼は今は亡きRadikonのワインと出会い、イタリアのぶどうが持つ華やかな香りや、スキンコンタクトが生む複雑味などに魅了され、全てのキュヴェはイタリアのぶどう品種から成っています。
ワイナリーのすべては手作業で行われ、必然的に生産量はかなり少ないものの、SO2無しで尚且つ清潔で純粋なワインを作る唯一の方法は、発酵からボトリングまでのすべての面において優しく、丁寧に自分ですべてを行うということだと彼は言います。
もっともオーストラリアのナチュラルワイン界を感動・震撼させているワイン・ワイナリーです。

カテゴリーから探す