[2850] Carbone14 2018 Domaine Leonine / カルボンヌ 14 2018 ドメーヌ・レオニヌ

3,800円(税抜)

カルボンヌ 14 2018

  国:France (フランス)
 地域:Roussillon (ルーション)
 品種:Grenache Noir (グルナッシュ・ノワール)
タイプ:Red (赤)
 栽培:ビオロジック
 土壌:花崗岩
 SO2:無添加
 度数:14%

インポータコメント
ステファンの思い出に残る過激なラジオ番組から命名!
アルジェレス・スル・メールに位置する花崗岩土壌の樹齢70年程のグルナッシュ・ノワール100%。
21日間のマセラシオンカルボニック。
プレスし500&6000の大樽にて9カ月熟成。
ステファンが10歳の時に放送していた自由で過激な「カルボン14」というラジオ番組から名をとったキュヴェ。

花のような華やかな香りと、熟度の高さを感じる凝縮感。タンニンの濃さもしっかりありながら、それを感じさせない滑らかな喉ごしがある。


■生産者
Domaine Leonine (ドメーヌ・レオニヌ)
本拠地:フランス・ルーション
作り手:ステファン・モラン

写真家の父を持つ家庭に育った造り手のステファン・モラン氏は、ワインの興味が高じてワイン造りをするようになりました。
ラングドックの山中にある深い森の中に埋もれるようにたたずむ農場に住み、自然を重んじた栽培を開始。住居のカーヴを改修し、2005年に 2haで取れたぶどうを使って醸造したのが初ヴィンテージです。
ルーション地方でトップクラスの自然派醸造家、フラール・ルージュのジャン・フランソワ・ニック氏から「自然派ワイン」のノウハウを教わり、さらに栽培・醸造学校で研さんを積み、ワインのクオリティーを追求しました。
亜硫酸添加無しで醸造をするため、カーヴ内の温度管理には最大限の注意を払い、カーヴの屋根に大量の土を盛り、無理やり半地下状態に。
従来のルーションとは違ったフルーティーでスムーズなワインを造りだす事を目指し日夜努力しています。

カテゴリーから探す