[2475] DIEBSWINKEL 2019 Domaine Gross / ディブスウインケル 2019 ドメーヌ・グロス

3,300円(税抜)

在庫状況 2本 売切れ間近!

購入数

ディブスウインケル 2019

  国:France(フランス)
 地域:Alsace (アルザス)
 品種:Riesling (リースリング)
タイプ:Orange (オレンジ)
 土壌:粘土、泥土、石灰。
 栽培:ビオディナミ
 認証:ユーロリーフ
 SO2:無添加
 度数:12.5%

インポータコメント
シャルトリューズなどの香草の香り、タンニンとミネラル感のバランスがとても良い。
3年程、寝かせてから飲むのも味わいが落ち着き、旨味があがり、違った表情をみせてくれる。
2019年はオリの下がりがよく、ノンフィルター にもかかわらずクリアなワインとなった。

手摘みにて収穫。
全房50%25日間醸す。
プヌマティックプレスにて5時間。
フードル樽にて10ヶ月熟成。
澱引きは瓶詰前まで行わない。
マセラシオン有り。

ディブスウィンケルはアルザス語で「盗まれた角」の意味。



■生産者
Domaine Gross (ドメーヌ・グロス )
本拠地:フランス・アルザス

当主であるVincentの曾祖父であるHanry Grossが1950年に1.5haの畑を購入。
当時は栽培した葡萄を販売し生計を立てていたが、1965年から祖父のLouis Grossがワインを 造りはじめる。
1980年にVincentの父であるRémy Grossが現在のワイナリーをDomaine Gross設立、畑は2.5haまで増える。
南仏やアルザスのクライデンヴァイスでの研修を終えたVincent Grossが2006年より醸造、栽培に加わり直ぐさまビオディナミ農法を取り入れる。
2010年にVincentが当主に就任。
現在は畑は10haまでに増え、祖父、父、母、 Vincent(現在37歳)の三世代でワインを造り続けている。
畑の多くは粘土、泥土、石灰。アルザストップのミュスカが生産されるGC Goldertを所有している。
品種本来の香りを 引き出しテロワールを最大限に表現すること重要視している。
エチケットはVincentの息子のLouis君と娘のCharleneが描いた。
毎年エチケットのデザインが変わる。

カテゴリーから探す