[3120] CUVEE SAMPLEMOUSSE 2018 REMI SEDES / キュベ・サンプルムース 2018 レミ・セデス

3,900円(税抜)

キュベ・サンプルムース 2018

  国:France (フランス)
 地域:Loire (ロワール)
 品種:Gamay (ガメイ)
タイプ:Pink (ロゼ)
 土壌:砂利質花崗岩、泥土土壌
 醸造:収穫後2℃〜3℃くらいの涼しい部屋で12時間ほど保管後、グラップ・アンティエールでダイレクト・プレスし発酵。
 SO2:無添加
 度数:13.5%

インポータコメント
ガメイらしいアニスのようなスパイスのニュアンスとピンクグレープフルーツのようなフレッシュ&ほろ苦さが口中に広がる。

ほろ苦いシトラスフレーバーは健在。
また「2018年は完熟した綺麗な ブドウが収穫できたよ!骨格もしっかりしているので熟成できる」とレミの太鼓判付き。

フランスではロゼワインにグレープフルーツ(フランス語でパンプルムース)のシロップを混ぜたカクテル、「ロゼ・パンプルムース」が空前のブーム。
このカクテルの名前に、フランス語のSans((サン)英語のwihtoutの意味)をかけて、「グレープフルーツなしの」という意味の造語。


■生産者
REMI SEDES (レミ・セデス)
本拠地:フランス・ロワール

2013年にペイ・ナンテにドメーヌ設立。
出身はジュラ地方。
元々はプロのアコーディオン奏者でしたが、子供の頃から自然の中での仕事に憧れを抱いていた彼は、農業大学で栽培を学ぶます。
その時に出会った妻がナント出身だったことから、ロワールへの縁が。
2004年からはボルドー、サン・テミリオンの孤高の自然派で400年以上の歴史のある「シャトー・ルピュイ」で6年間働きます。
その後、農協での経験も積みます。
そんな彼がのめり込んだのは、ロワールの酸ののった美しいスタイルのワイン。
「ミュスカデは若い人にとって夢がない。苦しい土地、寒い、雨もある。だからこそ、そこで素晴らしい自然なワインを造りたい。」




カテゴリーから探す